緊急事態宣言発令!結婚式のキャンセル料払わずに実施する5つのポイント!

【コロナ禍における結婚式】

こんにちは、maturika(@maturika_w)です。

コロナ禍において結婚式を予定されている
お二人はご不安も多いことでしょう。

特に最近では感染者数も増えつつ
ある今日この頃で既に
1度、延期やキャンセルをし
費用が発生している場合は実施
の可否について悩ましいことでしょう。

そこで本日はコロナ禍において結婚式を
実施する上での対策すべき5つのポイント

ご紹介したいと思います。

少しでもリスクや感染を抑えて、安心して結婚式を
迎えて頂ければと思っています!

プレ花嫁
プレ花嫁
結婚式を予定通り挙げたいけどちょっと心配!
もうキャンセル・延期するのは難しい!実施したい!
と言うプレ花嫁さんにおすすめです。

会場側も万全の対策をしていますし、業界団体からも実施におけるガイドラインが出ています。少しでもリスクや感染を抑えて結婚式を実施できるよう会場側もサポートしてくれるでしょう。また結婚式はイベントと異なり不特定多数の参加者がいるわけではないので万が一の場合も連絡を取ることや確認ができます。ぜひ感染に気をつけながら結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか?
maturika
maturika

コロナ禍の結婚式事情 2010/1/7更新

これから結婚式を迎えるプレ花嫁さんにとっては
このコロナ禍で結婚式を迎えた
花嫁さんがどのような選択をしたか
気にるところかと思います。
そこで興味深い調査結果をもとにコロナ禍の
結婚式事情をチェックしていきましょう!

結婚式の引き出物通販サイト「ANCIE WEDDING」が
実施した結婚式リアル調査】新型コロナウイルスによる
結婚式の延期・キャンセル状況
によると
コロナ禍で結婚式を挙げたお二人は
ゲストの人数を大幅に減らしたり、
内容を変更し、実施したケースが多いという
調査結果が出ています。

そこでウェディング業界10年の経験から
コロナ禍における結婚式の対策ポイントを
解説していきたいと思います。

(2021年1月7日更新)
本日、緊急事態宣言が発令され結婚式場の
対応も明らかになってくるかと思います
が直近の結婚式については最大限の感染予防を
行い実施する結婚式場もある傾向です。
またその一方の今朝のとくダネでは営業は
認めるが飲食を提供しないよう要請する
政府調整案もあり情報が錯綜している
状況です。
式場と相談の上、ベストな判断をするのが
良いかと思います。

実施する為の結婚式準備の見落とし対策ポイント5つ

では具体的な見落としがちな対策ポイントをみていきましょう。
準備の初期段階から対策しておくと
安心して当日を迎えられるのでは
ないでしょうか。

【Point1】開催規模の検討

もし大人数で開催を希望していた場合、
リスクを少しでも減らす為に人数を
少なくし規模を縮小してみるのはいかがでしょうか。

親族や親しい友人のみ絞り会場のキャパシティに
余裕を持った人数設定をしてみては
いかがでしょうか。

そこで、でも記念すべき日だし
みんな呼びたい!というお二人、
全員招待する裏ワザがあります。

それは結婚式を2部制にしてしまうと
言う方法です。
1部を親族のみ、2部を友人とし時間を
分けて一同に会する
人数を減らす方法です。

1日を贅沢に過ごせますし、
何より結婚式って素敵な時間で
「あっ」と言う間に過ぎてしまうものです。
それを考えると1日たっぷり結婚式できるのは
おすすめです。

【Point2】会場のコロナ対策やガイドラインの確認

この情勢の中でどの会場も万全にコロナ対策を
していますが今一度、具体的にどのような対策を
されているのか確認をした方がいいかと思います。

スタッフの健康管理、手洗い、消毒、マスクなどは
徹底されているかと思いますが例えばテーブルの
配置、アクリ版(結婚式場によってはおしゃれな
アクリ版を使用しているところもあります!)など
ぜひ詳細まで確認して頂くと安心して当日を
迎える事ができるのではないでしょうか。

会場によってはコロナ対策のマニュアルを
作成している会場も多いのでその辺りを見せて
もらい親御さんや親族にも見てもらうと安心して
頂けるかと思います。

準備を進める中で高額なキャンセル料が
発生しまったなどトラブルを防ぐ為にも
こちらの記事も参考にしてみて下さい。
↓↓↓
【見落とし注意】コロナで結婚式費用キャンセル料発生!トラブルを避ける5つの対策

また万が一、感染が発生した場合に
感染を最小限に留める為にも
そのような場合は会場側として
どのような対策を講じているかも
事前に確認をしてみて下さい。

【Point3】演出の見直し

結婚式ってやっぱり今までの感謝を伝える場
なのでゲストとの距離が近い演出がたくさんあります。

例えばテーブルラウンドでのキャンドルサービスや
写真タイム、お二人をお祝いする余興、
最後にゲストをお見送りしてプチギフトを
配る時間などあります。

しかし、この状況下でこのような演出をたくさん
入れてしまうとリスクになるケースが考えられます。

テーブルラウンドでも遠隔でキャンドルを
点灯する演出もありますし、余興はビデオ演出に
切り替えてもらったり、プチギフトは引出物の袋に
事前に入れておき、最後は挨拶だけにし
接触の時間を短縮したりと工夫を凝らして
みてはいかがでしょうか。

【Point4】リモート参加

Point1で書いた様にゲストの人数を
縮小させた場合、でもやはり記念すべき
1日はぜひ多くの今までお世話になった
方々に見て欲しい!と思われる方も
いらっしゃるでしょう。

その場合、リモートでもゲストに
参加してもらえるか?
その設備を準備してもらえるかなど
会場に確認してみましょう。

年配の親族や子連れのゲスト、
遠方ゲストもリモートでの
参加が実現するかもしれません。
例えば披露宴となると時間も長くなるので
挙式だけでもできないか会場に問い合わせ
してみるのも良いかもしれません。

会場によっては参加できないゲストの
お家に御膳のお料理を配送してリモートで
参加しながら自宅でお料理を食べて
参加できる素敵なリモート結婚式を
提供している会場もあります!

【Point5】お料理の提供方法

通常、結婚式ですとコース料理が多く、
配膳の回数も自ずと多くなります。

その場合、少しでも配膳の数を少なくなる様な
料理構成や御膳のスタイルなど工夫してみるのも
おすすめです。
またサービススタッフも入れ替わりではなく
専属スタッフをつけてもらう事で接触を
少なくする事ができるかもしれません。

悩みや不安はコロナ対策カウンターを利用してみよう

実はコロナ禍において心強いサービスがあります。
コロナ×結婚式で悩む全ての方に向けた
お悩み解決型ウェディング相談会(参加費無料)
です。
結婚式実施する?しない?診断、結婚式の
形式診断などプロからおふたりにマッチした
安心の結婚式をご提案してくれます。
他にはコロナに特化した相談カウンターはないので
不安な方はまずこちらを利用してみては
いかがでしょうか。

\詳細はこちら/

 

さらにコロナ禍では嬉しい
《ウエカレONLINE》もあります。
オンラインで(顔出し不要)、
最短30分で【ネットには載っていない
最新情報】をプロから聞ける、
相談窓口もあるのでおすすめです。

完全無料のオンライン相談サービスで
最短30分でZOOMを使用し、顔出し不要なのでまずは
気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

\詳細はこちら/

 

さらにこれらから式場探しなどはじめる
初心者プレ花嫁さんにはこちらがおすすめです!
ウエディング事業を扱うバリューマネジメント
株式会社が発行しております、新郎新婦へ
向けた冊子です。
無料で冊子がダウンロードできるので
まずは情報収集してみてはいかがでしょうか。

\ダウンロードはこちら/

万が一に備えて結婚式の保険を検討する

実は結婚式にも保険があるのをご存知でしょうか。
コロナ禍において万が一に備え、安心して
準備を進めることができるかと思います。

結婚式の保険についてはこちらの記事に
詳しく書いているので合わせて
チェックしてみて下さいね!
【結婚式保険のおすすめ】キャンセル保険のプレゼントがある会場見学予約の方法

まとめ

結婚式を実施すると決めたお二人、ゲストも
不安かと思います。

しかし結婚式場もプロ集団ですので万全の
対策をして皆様をお迎えし、
この状況下ではありますが
安心して頂ける空間でサービスが提供できる様、
頑張っているかと思います。

会場を信じ、結婚式と言う1日をぜひ
楽しんでくださいね!

コロナ禍で迎える結婚式のポイントを
記事にしているので合わせてチェック
してみて下さいね!
↓↓↓
コロナ禍における結婚式について

\ ブログ村読者登録はこちら /
結婚式を考えているあなたに送るエール - にほんブログ村