結婚式のブーケは終わっ た後どうする? 造花のブーケがおすすめな訳

【コーディネート】

こんにちは、maturika(@maturika_w)です。
今日は結婚式の重要なアイテムでも
あるブーケについてお話したいと思います。

プレ花嫁
プレ花嫁
結婚式のブーケは終わった後はどうすればいいのかな?高額だったし思い出に残しておきたいな!
というプレ花嫁さんにおすすめの記事です。

最近では生花ではなく造花のブーケを持つ花嫁さんが増えています。それは結婚式後もインテリアとして残しておくことができおしゃれでありながらコストも抑えることができるからです。
maturika
maturika

造花ブーケのメリット

では造花ブーケのメリットをみていきましょう。
実は魅力がたくさんあります!

おしゃれなブーケが叶う

ひと昔前までは造花のブーケは
ダサいというイメージがありました。
それは造花のクオリティが低いことに
ありました。
カラーも色の濃い原色系が多かったり、
お花の種類も少なかったからです。
しかし、昨今は造花のクオリティも
上がり、淡い色のバリエーションも
増え、お花の種類も多くなりました。
また繊細なつくりの造花も多く、
生花にかなり近い表現ができる
ようになりました。

長年、ブライダル業界にいて
みてきましたが会場の見学用に
セットする装飾も造花の会場が
多いですし、ゼクシィなどの広告に
使う写真のコーディネートも造花の場合が
多いです。
それだけおしゃれな表現ができる
という点で採用されています。

前撮り→結婚式(2次会)と使用することができる

造花ですと生花と異なり、劣化することが
ないので期間の間、前撮りと結婚式も
ブーケを持つことができるというのも
大きなメリットです。

さらに結婚式後も新居でインテリとして
飾ることもできるのも魅力的です。

結婚生活をすると時には喧嘩を
して気まずくなることもある
のではないでしょうか。
生活の一部に結婚式のブーケが
あるとあの日を思い出し、
素直な気持ちになれるのでは
ないでしょうか。

コストを抑えることができる

通常、生花のブーケですと1個
30,000〜50,000円が相場です。
お色直しも違うブーケを持つと
なるとその倍の金額です。

しかし、造花のブーケは25,000〜30,000円
前後のものが多くコストを抑えることが
できます。

生花の場合、結婚式後も記念に
残す為にブリザーブドフラワーに
加工するとさらに40,000〜50,000円の
費用がかかります。

それを考慮するとかなりコストを
抑えることができるのではないで
しょうか。

結婚式の見積書は結婚式準備が
進むにつれて見積書がアップする
傾向です。
大幅にコストを抑えるのはかなり
難しいですがブーケを造花に
切り替えるとかなりコストを
下げることができるのも魅力的です。

劣化しない

造花のブーケは劣化することが
ありません。
これは3年前に私が結婚式をした際の
体験談なのですが朝は生き生きとして
いたブーケですが式の後半では
少ししおれてしまい少し残念な
思い出があります。
そのブーケを2次会にも持っていったので
かなり元気がないブーケに…
その当時におしゃれな造花のブーケが
あればそれを持ちたかったなという
後悔があります。

実はブーケは様々なシーンに映り込みます。
それを考慮すると結婚式がお開きに
なるまで生き生きとしたブーケを
持つというのは実は重要なポイントです。

造花ブーケのデメリット

では造花ブーケの場合のデメリットに
ついてもみていきましょう。

指定のお花の種類を使いたい

もし指定のお花を使いたい場合は
その造花がない場合もありますし、
もしくはクオリティが低い場合も
ありますのでその場合は生花の
ブーケをおすすめします。

現在はお花の種類もバリエーションが
増えたので問題ないかと思いますが
ぜひ事前に確認することをおすすめ
します!

ケチってるという印象がある

昨今ではそのような印象をもつ
ことはないのですがひと昔前までは
造花=使い回している=ケチっている
という印象があるのかもしれません。
しかし、造花ブーケもオリジナリティ
あるブーケであれば使い回している
印象もありませんのでお花のでセレクトで
その点は回避できるのではないでしょうか。

造花ブーケ?生花ブーケ?で迷ったら!

もし造花、生花のブーケで迷った場合、
ウェディング業界に長年いた
maturikaのおすすめをお伝えします。
それは挙式で使うブーケを生花に、
お色直しのブーケを造花にするのが
おすすめです。

なぜなら生花は時間と共に
劣化していきます。
その点を考慮すると先に行われる
挙式やお色直しまでは生き生きと
したブーケを持つことができます。

そしてお色直しで造花ブーケを
持つことで結婚式後の2次会まで
生き生きとしたブーケを持つことが
できます。
さらにお色直しのブーケは
カラードレスに合わせることも
多く、挙式のブーケに比べると
カラーがあるブーケを持つ花嫁さんが
多いのではないでしょうか。
その点、造花はかなりのカラーの
バリエーションがあるので
表現の幅が広がります!

まとめ

ぜひ結婚式のアイテムに造花を
取り入れてみてはいかがでしょうか。
ブーケはやはり生花を持ちたいという
場合もロビーに飾る装花や両親贈呈用の
プレゼントなどで造花をセレクトされる
花嫁さんも多いのでぜひ取り入れてみては
いかがでしょうか?

造花ブーケをご検討の花嫁さんはこちらで
販売もしているのお問い合わせしてみて
下さいね!

\造花ブーケの料金やデザインが気になる花嫁さんはチェック/

\ ブログ村読者登録はこちら /
結婚式を考えているあなたに送るエール - にほんブログ村